gumi CryptosがJavaScript開発者向けのスマートコントラクトプラットフォーム、Agoricブロックチェーンのノード運営に参加

株式会社gumi(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川本寛之、以下「gumi」)は、gumiの連結子会社としてブロックチェーン事業を展開する株式会社gumi Cryptos(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川本寛之、以下「gumi Cryptos」)がパブリックブロックチェーンAgoricにバリデータ※1として参加し、ノード運営※2を開始したことをお知らせします。

AgoricはJavaScriptでDApps※3の開発を行うことができるパブリックブロックチェーンです。通常、DApps開発にはSolidityなどの独自言語が用いられるため、開発者はDApps開発のために高い学習コストをかける必要がありました。これに対しAgoricは、プログラミング言語に世界的な主流言語であるJavaScriptを採用することで、DApps開発を容易にしていることが主な特徴です。

今回のノード運営の開始にあたっては、gumi Cryptos Capital匿名組合が保有するBLDトークンのデリゲーション(委任)を受けています。

gumiグループは、Agoricブロックチェーンネットワークのノード運営に参加することで、一定の収益を得つつ、DApps開発の活性化ひいてはブロックチェーン産業の発展に貢献してまいります。

なお、gumiグループは、既に複数のノード運営に参加しており、今後も様々なブロックチェーンのノード運営に参加していくことで、分散型ネットワークの構築とブロックチェーン領域の産業発展に貢献していく方針です。

(参考)Agoric公式サイト:https://agoric.com/

※1 バリデータ…ブロックチェーンのネットワークに接続し、トランザクションが正しいかを検証するノード(コンピューター端末)またはその運用者のこと。運営者は、その貢献度等に応じた報酬が得られる仕組みとなっている。
※2 ノード運営…ブロックチェーン上での取引承認の合意形成が正常に稼働する状態を担保すること。
※3 DApps…Decentralized Applicationsの略称。ブロックチェーンを用いたサービスやゲームを提供するアプリの総称。

 

■株式会社gumi Cryptos 会社概要

株式会社gumi Cryptosは、モバイルオンラインゲームの開発、配信を行うgumiの連結子会社で、ブロックチェーンに関するハードウェア、ソフトウェア及びコンテンツの開発、並びにブロックチェーンに係る投資を行っております。
gumiは、ブロックチェーン事業を今後の成長基盤のひとつと考えており、日本発のブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)』を運営するdouble jump.tokyo 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:上野広伸)等、国内外の有力企業への投資を通じ、ブロックチェーン領域における競争力の強化を目指してまいります。

会社名 株式会社gumi Cryptos
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-34-7 住友不動産西新宿ビル5号館
代表者 川本 寛之
設立 2019年5月7日
資本金 10 百万円(2022年4月末時点)
事業内容 ブロックチェーンに関するハードウェア、ソフトウェア及びコンテンツの開発、ブロックチェーンに係る投資事業

 

■ 株式会社gumi 会社概要

株式会社gumiは、「Wow the World! すべての人々に感動を」をMissionに掲げ、モバイルオンラインゲーム事業とメタバース事業の二つの事業を展開しています。モバイルオンラインゲーム事業ではオリジナルタイトルの開発とともに、他社IPタイトルの開発も行っています。メタバース事業では、ブロックチェーン領域におけるブロックチェーンゲーム等のコンテンツ開発、海外を中心としたファンド投資、有力ブロックチェーンのノード運営に注力するとともに、XR領域における投資も行っております。

会社名 株式会社gumi
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-34-7 住友不動産西新宿ビル5号館
代表者 川本 寛之
設立 2007年6月13日
資本金 9,417百万円(2022年4月末時点)
事業内容 モバイルオンラインゲーム事業
メタバース事業
URL https://gu3.co.jp/

 

■ お問合せ先
株式会社 gumi 広報
mail:cpr@gu3.co.jp