gumiのシンガポール子会社gumi Asia Pte. Ltd.が、シンガポールの革新的な企業に贈られる「Business Eminence Award」を受賞しました。

株式会社gumi(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:川本 寛之)のシンガポール子会社であるgumi Asia Pte. Ltd.(以下、gumi Asia)は、2019年3月14日、米系大手の企業調査会社であるDun & Bradstreet Singaporeが選出する「The Business Eminence Award」を受賞しました。

「Business Eminence Award」は、起業家精神や革新性を評価する賞として1997年に創設され、受賞企業の国際的な知名度向上に寄与してきました。本賞は、シンガポールにおける産業発展に大きく貢献した企業に贈られるものです。

gumi Asiaはこれまでも、「Brave Frontier(海外版)」等複数のゲームタイトルにおいて、シンガポール最大の新聞The Strait Timesの読者投票により「Best Made-in-Singapore Games」(一流技術であることの評価)を獲得するなど、数々の功績を残してきました。

このたびの受賞は、gumi AsiaのManaging DirectorたるRonnie TanおよびCo-head坂本晃一のリーダーシップのもと、急速に発展・変化する事業環境に多様性を持って順応してきたことで、主力ゲームのダウンロード数がミリオン超えを達成し、直近2年の堅調な業績が評価されたものです。

gumiは今後もgumi Asiaと連携し、「One Step beyond」の精神のもと、世界各国で楽しまれるゲームを創り、届けてまいります。