2017/05/23

VR子会社のインキュベーションプログラムにおいてマイクロソフトによる全面サポートが決定!

株式会社gumi(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:國光 宏尚、以下「gumi」)は、子会社を通じて実施しているVR/AR/MR(※)分野のスタートアップのインキュベーションプログラムの強化を目的に、マイクロソフトによる全面的なサポートを受けること及びマイクロソフトが展開するスタートアップ支援プログラム「Microsoft BizSpark」の導入を決定したことをお知らせいたします。
当プログラムはVRインキュベーション事業を行う子会社Tokyo VR Startups株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:國光 宏尚、以下「TVS」)、Seoul VR Startups, Inc.(本社:韓国ソウル、CEO:Min Yongjae、以下「SVS」)において導入されます。

 

写真左から新清士氏(TVS取締役)、Alex Kipman氏(Technical Fellow of new device categories in the Windows and Devices Group, Microsoft Corporation)、國光宏尚氏(gumi代表取締役社長)、若山泰親氏(TVSプロデューサー)


マイクロソフトが世界トップクラスのグローバルアクセラレーターやインキュベーターに提供しているスタートアップ支援プログラム「Microsoft BizSpark」を導入することにより、TVS、SVSの各プログラム参加者は最大120,000米ドル分のパブリッククラウドプラットフォーム 「Microsoft Azure」及びスタートアップ企業が必要とするソフトウェア開発ツールを無償で利用できるようになります。また、追加支援として、マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストが該当スタートアップ企業の個別メンターとして技術サポートを行う予定となっており、プログラム参加者はより充実した環境で開発を行うことができるようになります。

今後「Microsoft BizSpark」の活用により、VR/AR/MR分野におけるスタートアップの支援事業を強化し、世界を目指す革新的なプロダクトやサービスを創出してまいります。

本リリースに際し、日本マイクロソフト株式会社 執行役員 デベロッパー エバンジェリズム統括本部長の伊藤かつら氏は以下のようにコメントしています。
「日本マイクロソフトは、株式会社gumi様との協業によるVR/AR/MR分野での革新的なサービスの創出を目指すこの取り組みを心より歓迎致します。ゲーム分野において世界屈指のサービスと知見をお持ちの株式会社gumi様の支援するスタートアップの皆様に「Microsoft Azure」をご採用いただくことは、この分野でのクラウドを伴うさらなる技術革新を強力に推進するものと考えております。今後も弊社は「Microsoft BizSpark」を通じ、革新的なスタートアップの育成に力を注ぐとともに、世界中のVR/AR/MRを使ったソリューションの発信を支援してまいります。」

(※)VR:Virtual Reality(仮想現実)
   AR:Augmented Reality(拡張現実)
   MR:Mixed Reality(複合現実)

■TVS、SVSについて
TVS、SVSは東京、ソウルの各都市を中心に、VR領域のスタートアップに対し資金提供やワーキングスペースの貸与、バックオフィスサポート等の支援を行うインキュベーションプログラムを運営しております。

■Microsoft BizSparkについて
「Microsoft BizSpark」はマイクロソフトが提供するスタートアップ支援のプログラムです。起業の際に必要となるマイクロソフトのソフトウェア、開発ツールやクラウド環境などを無償で利用できます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/startups/bizspark.aspx

※ すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは各社に権利が帰属します。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社gumi 広報宛
こちらのフォームよりお問い合わせください。